学力の低下について考える

      


          
 
  

子どもの学力を飛躍的に向上させる親の考え方とは?

「必要なことはすべて本人が持っている。」この考え方ができるかどうかが、子ど

もの学力向上に大きく影響します。

幸せに生きている人の心を研究している人がいます。幸せに生きている人の考え

方で共通していることがいくつかありました。その1つが必要なものはすべて本

人が持っているという考えです。自分も含めて、必要なものはすべて本人が持っ

ていると思って行動している人は、不必要なストレスを感じずに楽しく生きてい

るということがわかっています。親子関係でいうと、「この子のここが足りない」

「この子のここが不完全だ」ということばかりに目を向けていると、子どもの学

力は低下していきます。そればかりか、親のストレスも過剰になります。ですか

ら、勉強する能力をすでに持っていると信じることが、親が子どもにできる最大

のサポートになります。「勉強ができないから教える」のではなく、「勉強ができ

るから教える」という姿勢がとても大切です。

知立市議会議員 久田よしあき