45回衆議院選挙を終えて』

今回の選挙、皆様もご承知のように民主党の圧勝、自民党の惨敗でした。

マスコミ等の事前調査でも、民主党の圧勝と言われていましたが、麻生総理は、信用していなかったようです。しかし結果は自民119、民主308

先般の民放番組に出演した落選組の元副総理山崎拓氏は「自民党惨敗は、複雑骨折のようなもので、理由はいくつか有る。政党には寿命というものが有る。」などと述べていました。

自民党惨敗の原因。@年金問題。安倍内閣時代、消えた5000万件が発覚。国会の答弁で安倍総理が1年以内に処理すると言ったにもかかわらず、20%程度の処理しかできませんできなかった。A1年ごとに総理大臣の交代。B小泉改革の負の遺産として格差社会がクローズUPされた。C麻生総理の失言、発言のブレ、漢字の読み間違い。D麻生降ろしをはじめとする党内のドタバタ劇。E官僚主導で国民不在の政治。F天下りを止めると言っておきながら、なかなか止めない。 など、数えだしたら一体いくつの理由があったでしょう。

自民党が国民の信頼を失うのも当然です。

選挙戦における惨敗の直接の原因は、自民党の政策の分かりにくさです。自民党は中長期的な経済政策を打ち出していましたが、それにひきかえ民主党は、生活が第一、高速道路無料化、子供手当て、農家の戸別補償などを打ち出して分かりやすいものでした。

今回の選挙では、小さな子供さんを抱いた若いお母さんが投票する姿が目立ったと言われています。その光景を見た自民党関係者は「こりゃあダメかも知れない(自民党は負ける)」と思ったそうです。

細川政権以来の野党自民党。当時の自民党は最強の野党と言われたそうです。

何でも反対ではなく、国民にとってプラスになることは賛成、マイナスは反対。是々非々の対応をお願いしたいものです。日本を良くするためには健全な野党が必要です。

今回の選挙で大きく議席を減らした自民党。まずは来年の参議院選挙では、死に物狂いで頑張ってもらい、過半数を獲得してもらいたいものです。そして4年後の衆議院選挙では、是非、政権を奪還してもらいたいです。